労働情報No.955


労働情報とは
  『労働情報』は、戦後労働運動の基盤を創った高野実(元総評事務局長)主宰の『労働情報通信』(1960〜63年 第1期)、『労働周報』 (67〜69年 第2期)を引き継いで第3期として77年に創刊された。77年1月の大阪集会で発行を決め、日本資本主義と対決する労働運動の構築を めざし、2回の準備号を経て正式にスタート。
 95年に、協同組合運動の発想から学び、発行主体を「協同センター・労働情報」に変更。「労働を 生活を 社会を変える『労働情報』」をキャッチフ レーズに発行を続けている。
労働情報の沿革
1977年1月 「日 本資本主義と対決する全国労働者討論集会」(大阪集会)で『労働情報』発刊を決定。準備号2号を発行。
1977年4月 「労働情報編集委員会」が『労働情報』を発刊。代表・市川誠。
1995年8月 発行主体を再編、「協同センター・労働情報」となる。
代表・前田裕晤。
2015年5月〜 共同代表 山原克二・柚木康子
協同センター・労働情報 〒112-0005 東京都文京区水道2-11-7三浦ビル2階 Tel:03-6912-0544 Fax:03-6912-0744